子供のためにお金がほしい

日々の雑記+副業収入を公開するブログ。目指せ月収10万円 副業収入は全て子供関連費に使っていくつもり

test

スポンサーリンク

子育て

6ヶ月児と2歳児を1日面倒を見た旦那の感想

投稿日:

昨日は妻が遊びに行く日だったので、有給をとって10時ごろから22時ごろまで一人で子供の面倒を見ていました

せっかくなので感想を書いておきたいと思います

二人の子供の面倒を一人で見るとこんなにつらい

上の子が昼寝をしないので、朝ごはんを食べさせた後の絵本や遊び、

昼ごはんの準備に実際に食べさせて、食べ終わったら片付け

昼寝するかと思いきや夕方5時まで寝ないので、一緒にAmazonプライムビデオのふうせんいぬティニーを見たり、

おかあさんといっしょを見たり、踊ったり抱っこしたり頭突きされたり

下の子は離乳食練習中なので米粉粥を作って食べさせるもあまり食べず、

そしてミルクも飲まず、あまりに飲まないのでこのまま死んでしまうのではと心配になる

かといって泣かないかといえばそんなことはなく、おなか減ったと泣きまくり、

抱っこしてもなにしても泣き止まないので数時間えんえんと泣き声を聞いて気がめいってくる

夕方7時にはなんとかミルクを飲んでくれて一安心

でも今度は上の子がミルクをあげたがって哺乳瓶を渡してくれない

されるがままの下の子

おなかいっぱいなのか顔を背けるも飲ませたくてしょうがない上の子がかまいすぎて下の子が泣く

しんどい

旦那が面倒を見るときに何がつらいか

一番はおっぱいが出ないため、哺乳瓶を嫌がる子だと延々と泣き声を聞く羽目になること

泣き声は精神的にきます

おなか減ってるのはわかっても、ミルクを飲まない以上どうしようもありません

指や腕をかじらせても、すぐにおっぱいじゃないと気づいて泣きます

12時間のうち半分以上は泣いてました

その状態で上の子のご飯準備とかおむつとかかまって攻撃をなんとかするのがしんどいです

感じたこと 家にいると何もできない

家に一日いるので、子供がおとなしくしてたら掃除なり片付けなりをするつもりでした

ブログ記事もストックを作るつもりでした

でもなんにもできませんでした

妻が出かけるときに、「乗り切ることだけ考えといたほうがいいよ」といわれたのが身にしみました

妻に対する気軽な頼み事はもうしない

たぶん、二人の子供を一人で面倒見たのは2回目です

上の子だけだったときにはもっと気楽でした

よく寝るし、ミルクも飲んでたので

妻は買い物して、洗濯して、掃除して、さらにはブログも書いてくれています

さらに、私がお願いしたこと(書類かいといてとか、出かける先調べといてとか)もやってくれています

母乳あげられるから余裕があるといっても、できた余裕は家事でつぶれているわけです

もう気軽に頼み事はしないようにがんばります

父親になるということ

父親は子育てにおいて戦力にならないどころか足を引っ張ることが多々あります

料理できない、家事できない、子供の面倒を見れる時間に帰ってこない、帰ってきたら夕飯の準備が要る、お弁当作らないと、洗濯しないと…

いっそいないほうが奥さん的には楽かもしれないと思います

私がしてるのは

・朝のごみ出し(オムツの袋を消臭箱から取り出してしばってもってく)

・妻が料理中の子供の相手

・子供のお風呂(入れるか、出てからの体拭いたりを分担)

・寝かしつけ

・タイミング合えばおむつ交換

平日はこれだけです

これだけなのに、上の子はいろいろとやってしまうのでストレスがたまります

でも、これだけなんです、やってるの

我が家は妻の実家が遠いということもあって、産後は二人で乗り切りました

おかげで子育てはそこそこやってると思います

でも、書いてみると少ないです

妻は十分だといってくれるんですが、足りない気がします

そもそも、下の子にかまっている時間が少ないので、父親としての自覚が減ってる気がします

上の子のかまって要求があるので、どうしても下の子にかかわる時間が少ないんです

このあたり、何とかしていかなくてはと思いました

夫に子供を任せるのが不安な方へ

まずは10分でもいいので面倒を見させましょう

おむつがえも、食事の準備も、お風呂も、徐々にでいいのでやらせましょう

父親の仕事は、遊ぶことだけじゃありません

仕事でしんどいとか、かえって来る時間が合わない場合は仕方ありませんが、

その場合は土日に1時間でもいいので時間を作ってもらいましょう

子育ての理不尽な大変さを共有して、戦友になっておくことで、

いろいろと不満が伝えやすくなると思います

いたらないところもあるし、やり方に不満を持つと思います

でも、父親もプロじゃないんです

長い目で見てほしいと思います

にほんブログ村 子育てブログへ

広告

広告

-子育て

Copyright© 子供のためにお金がほしい , 2019 AllRights Reserved.