子供のためにお金がほしい

日々の雑記+副業収入を公開するブログ。目指せ月収10万円 副業収入は全て子供関連費に使っていくつもり

test

スポンサーリンク

子育て 横浜市での子育て

娘の小児医療証が届きました

投稿日:

娘は2月生まれなので、誕生月ごとに毎年更新される小児医療証が届きました。

神奈川県内の医療機関でこちらを提示すると、任意の予防接種や差額ベッド代など一部を覗いた医療費が無料になります。

横浜市では0歳児は保護者の所得に関係なく全員、1歳から小学3年生までは保護者の所得が一定額以下で入院通院費に助成が適用されます。

ちなみに、こちらのしおりでは通院助成が小学3年生までとなっていますが、平成29年4月1日からは小学6年生までに対象が拡大されます。

ただし、変更後も小学4,5,6年生に関しては薬代を除いた通院費に関して自己負担500円が必要です。

東京都と比べると残念な感じはしますが、少しでも助成が増えるのは嬉しいですね。

上でもちょっと触れましたが、1歳以上では保護者の所得が一定額以下でこちらの助成が受けられるのですが、

横浜市の小児医療費助成のページ(http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/child.html )に所得制限が載っています。

所得制限限度額表(平成18年7月から)
扶養親族等の数 保護者の所得制限限度額
0人 540万円
1人 578万円
2人 616万円
3人 654万円
4人以上 (扶養が1人増すごとに38万円加算)

我が家は私と長女、長男が夫の扶養に入っているためこの表の654万円が限度額です。

ちなみに所得制限がいつの所得を基準にするかは以下の通りです。

誕生月で違うので注意ですね。

<1歳~小学3年生までの場合>
-1月から6月生まれのお子さんの場合は、誕生日の前々年の所得
-7月から12月生まれのお子さんの場合は、誕生日の前年の所得

<小学4年生から中学卒業までの入院の場合>
-入院していた月が1月から6月の場合は、入院していた月の前々年の所得
-入院していた月が7月から12月の場合は、入院していた月の前年の所得

長女の時に所得制限額を所得(額面)だと思って、1歳になったら助成無しかぁ……と勘違いしていたのですが、

実際は横浜市の児童手当ページ(http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/katei/kosodate/jidou-teate/jite-limit.html )に載っている下図の計算で産出される額です。

控除額はこの時期確定申告をされている方だとすぐに計算できますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ

 

広告

広告

-子育て, 横浜市での子育て

Copyright© 子供のためにお金がほしい , 2019 AllRights Reserved.