子供のためにお金がほしい

日々の雑記+副業収入を公開するブログ。目指せ月収10万円 副業収入は全て子供関連費に使っていくつもり

test

スポンサーリンク

妊娠出産 家計簿 横浜市での子育て 節税 節約

愛育病院の計画無痛分娩費用まとめ

更新日:

出産といえば長い間おなかの中で育ててきた赤ちゃんに会える楽しみなものでもありますが、

陣痛というものすごい痛みに見舞われるときでもあります

そんな中で痛みを少しでも和らげることができるものとして、無痛分娩を選ぼうか悩んでる人も多いんではないでしょうか

今回は我が家で選んだ大和市にある愛育病院で計画無痛分娩をした場合の費用についてまとめました

妊娠から出産までにかかった総額

まずは気になる総額です

こちら、なんと89万3792円です

妊婦検診、交通費(往復1000円弱)に、切迫早産での事前入院費用約7万円を入れての費用になります

なので、妊婦検診とお産だけであれば82万円ほどですね

42万円なんて余裕で超えるお産代

まず、お産パックと分娩管理料で65万円かかります

この時点で出産育児一時金として出る42万円は余裕で超えます

計画無痛にする場合には、この差額23万円は最低でもかかるのでお金を貯めておかなくてはいけません

二人目以降の割引金額

今回は二人目なので3万円の割引がありました

89万円は割引前の額になります

なお、三人目は5万円、四人目以降は10万円の割引があります

病室の人数による差額

室料が発生しないのは6人部屋だけです

4人部屋で1日2000円、2人部屋で1万円か1万5000円、個室は2万円の料金がかかります

計画無痛にしてどうだった?

計画無痛分娩もこれで2回目

陣痛の波は感じますが痛みはないので、付き添いの夫と楽しく笑って話せます

人によっては出てくるときの痛みより、長丁場の陣痛の痛みがつらかった!という方もいますので距離と費用が許すならおすすめです

上の子達を普通分娩で産んでしんどかった…という方が計画無痛にしてこんなに楽なら最初から無痛にすればよかったー!

と心底悔しがっていたりもしたので、私としては次回も絶対に計画無痛にします。

 

病院見学のすすめ

愛育病院は事前の病院見学で計画無痛分娩に対する説明を行っています

そこで、気になることも心配なこともいろいろ聞けますし、詳しく教えてくれます

病院の雰囲気も知ることができますし、悩んでいるなら一度行ってみるのがお勧めです

近隣に計画無痛分娩をやっている産院がないという方も、

聞いた限りでは静岡や千葉から通っていた妊婦さんもいるそうです

大和市は横浜市のお隣ということもあって、我が家もそうですが横浜市から通う方も多いです

実際にどういうことができるか含めて、一度相談に行ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに私が長女を産む前に見学に行った頃(2014年)は病院見学と院内見学が一緒にできたのですが、今は別々のようです

医療費控除の確定申告を忘れずに

ちょうど確定申告の時期ですね

私には関係ないと思っている去年出産した方、42万円を超えて医療費を払いませんでしたか?

妊婦検診には補助権が出る自治体が多いとはいえ、健康保険適用外のため実費がかかっている方も多いのではないでしょうか

トータルの支払いが10万円を超えている場合(42万円の補助金は直接支払い制度利用時)、

確定申告を行うことで所得税が還付されます

私の場合は89万ー42万=47万円なので、ここから10万円をひいた37万円が課税対象額から控除されます

実際にお金として帰ってくるのは37万円×所得税率(私は5%)なので18500円くらいですね

確定申告書もパソコンで作れるため、手順どおりにやれば割と簡単にできます

出産自体も産後もなにかとお金がかかるもの

少しでも返ってくるのであれば確定申告をすることをおすすめします

今回は費用まとめでしたが、後日今度は計画無痛の流れや病院の食事、設備などの記事も上げますね

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

広告

広告

-妊娠出産, 家計簿, 横浜市での子育て, 節税, 節約

Copyright© 子供のためにお金がほしい , 2019 AllRights Reserved.